2011年06月08日

CURE GIRL感想

Noesisゲーム第4弾『CURE GIRL』販促協力中!

2011年5月20日にNoesisから発売された
「CURE GIRL」のレビューです。
コンセプトは面白いと思うけど、ちょっと話が物足りないかなあ。
もうちょっと話に深みがあれば化ける可能性はあっただけに勿体無い。
だが珈琲貴族さんの絵は素晴らしい。今月末に出る画集ちょっと欲しくなった。

評価

シナリオ:B キャラ:B+ 絵:A+ エロ:B+ 音楽:A

総合評価点数 70点

以後ネタバレ注意



シナリオ

社会に上手く適合出来ず、ネットに逃げ込んだダメ人間達がコミュを通じて
知り合った同じ穴の狢の人達とリアルでも接点を持つことで立ち直っていく
お話。いやほんとコンセプトは面白い。でもなんか物足りない。主人公を
含め登場人物がダメ人間足りえる理由みたいなものを持ってはいるんですが
そのへんの部分の描写が弱いせいか今一つ話にのめり込めない。こいつは
駄目だなーと感じたのが隠しヒロインのツクヨミくらい(あと主人公も
辛うじてかな)であとは駄目さ加減が曖昧でよくわからなかった。例えば
古都音先輩とか暗い過去を持っているわけですけどルートに入ってちょっと
したら主人公と恋人関係になっている時点ですでにトラウマある程度克服
しちゃっていてアレー?って感じだし。美悠に至ってはこの程度で駄目とか
いっちゃうの?って思うくらい些細な理由だった(まあ健気で可愛くはあったが)
ただ各ヒロインのバッドは主人公の駄目さ加減が出ていて良かったと思う。
特に古都音のバッドは酷い、駄目だこの主人公早く何とかしないと(笑)
あと最後の集合写真はダメ人間全員で写ってほしかったかも。けど親父とか
あの若者ばかりの中に写ってたらそれはそれでおかしな光景か・・・?

キャラ

ツクヨミかわいいよツクヨミ。劇中での駄目っぷりがさらに可愛さに拍車を
かけている。倉田まりやさんの演技も上手だし。正直ツクヨミが全部持って
いってしまった感じですねえ。しかし他の三人も可愛い。古都音先輩のオタク
バレしたときの動揺っぷりとか美悠の襲われる覚悟での体操服お掃除、
怜奈のSメイドコスとか見ていて可愛かったし、グッと来るものはあった。



珈琲貴族さん最高!!どのキャラも可愛く描かれています。個人的には
ツクヨミの制服姿に萌えまくりです。やっぱり制服はセーラー服だよね(爆)
そういう意味では四人とも最高といえるでしょう。あと美悠のハッピ姿の
立ち絵が妙にエロい。谷間バンザイ。

エロ

回数も多く、使えるとは思いますが着衣Hの割合が非常に高くその辺ちょっと
嗜好が違うかなあと思ったのでその分マイナス評価。並々ならぬ思い入れ
みたいなものはひしひしと感じましたが。四人ともおねだり上手なのは◯。
テキストもなかなかよかった。

音楽

同ブランドの音楽を一手に手掛ける折倉俊則さんが今回も担当。なるほど
Asterの人か、そりゃ曲もいいわけだ。全体的にオシャレな感じの曲調で
まとめられておりクオリティは高い。◯ルソナっぽいとか巷では言われて
いるみたいですが、そういうのでくくってしまうのはよくないと思う。
あれはあれ、これはこれ。サントラが一枚で網羅されていないのは
物凄く痛い。もう一枚はソフマップだけとかずるいでしょ。
一番好きな「Mid afternoon」が入っていないじゃないか・・・orz

総評

これまたいろいろと惜しい作品。でも駄作ではなく普通に楽しめたとは思う。
コンセプト上の演出なのでしょうから仕方のないことなのかもしれませんが
共通ルートのあのシステムは正直微妙。相手のところにひたすら話をしにいく
だけでストーリーとかほぼ皆無。しかもそれが結構長いんでさらに苦痛。個別に
入ればそれなりに楽しめたけどそこまでいくのが・・・。絵と音楽はガチなんで
あとはシナリオさえもっと良ければなあ。これは本家イノグレにもいえることかも
しれませんが。
posted by ゆーく at 20:44| Comment(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: