2011年09月04日

ぜっちょースパイラル!!レビュー


『ぜっちょースパイラル!!』応援バナー


2011年8月5日にALL-TIMEから発売された「ぜっちょースパイラル!!」
感想です。抜きゲーのレビューはこれが初めてになるんじゃないかな?絵がちょっと
アレかなーと思う部分はあるものの、まあまあよかった印象。性欲を持て余し
夜な夜な夜這いを仕掛けちゃう春菜が俺的にツボでした。

評価

シナリオ:B キャラ:B+ 絵:B エロ:A+ 音楽:B+


総合評価点数 72点

以後ネタバレ注意

シナリオ

目的のため他の女の子とエッチして生魂を集めろ!というまさにエロゲらしい
お話。まあ抜きゲーなのでシナリオ云々に関してはあまり語るべきものはない
のですが、テキストはなかなか楽しめた。コンセプトのハイテンションエロ
ADVってのがよく意味がわかんなかったけど。父ちゃんや蒼さんがハイテン
ションってことか?春菜の設定はなかなかヘビーだったと思う。初恋の人が
父親に寝取られてるとか正直発狂レベル(笑)それを肉体関係によって父親
から奪い返す展開は面白かった。でも将来的にはどうなるんだろ・・・
あの人達。

キャラ

雪都さおりさんの卑語連発を聴けるなんてなんという胸熱。主人公を含め
まともな人がいねえ・・・だがそれがいい。一番好きなのは春菜姉さんですが、
メインヒロイン?の蒼さんも結構好き。あと何故か風花が攻略できん。
シーンはあるんでいいっちゃいいのですが、やっぱり攻略したかったなあ。
せっかくの夏野こおりさんなんだし。あと夏海は変態過ぎてちょっと引いた(笑)
設定上では一番健気なキャラだったのにどうしてこうなった。



原画はなきうささん。ういんどみるのかつての代表にして、こ〜ちゃさんと並ぶ
二枚看板のもう一人だった人・・・らしい。絵自体は好きなんですけど何分
不安定すぎる。立ち絵・一枚絵ともに何かがおかしい。構図は結構好きな絵が
多いんですけどね・・・バランスというか何というか。うーむ。勿体無い。
あとSD絵はもうちょっと枚数増やしてほしかった。結構好きだったんで。

エロ

かなりエロかった。正確にはエロシーンのテキストが俺的にツボでした。
ああいう状況説明っぽいテキスト好きなんですよね。主人公まともそうに
見えたのにまさかあんなに変態だったとは。風花と蒼さんのシーンがもう
ちょっと多ければ完璧だった。

音楽

「鬼うた」などで有名なアラケンさんが担当。まあ無難な出来だったと思う。
ED曲男性ボーカルなんて珍しいなあなんて思ってたら歌ってるのアラケンさん
本人かよ。ちょっとびっくりしました。

総評

抜きゲーとしては結構満足な出来。あとは絵の不安定さがなければなあ。
このライターさんの書くテキストはなかなか面白かったので、もし次も
書くなら注目してみようかなと思いました。
posted by ゆーく at 11:05| Comment(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: