2012年01月09日

未来ノスタルジアレビュー

icon0f.jpg

明けましておめでとうございます。2011年にPurple softwareから
発売された「未来ノスタルジア」のレビューです。前作の初恋サクラメント
で面目躍如を果たした紫。まあいろいろとゴタゴタはあったみたいですが
それに見事続いた出来であったのではないかと。

評価

シナリオ:A キャラ:A 絵:A エロ:B+ 音楽:B+


総合評価点数 80点

以後ネタバレ注意

シナリオ

なんかどこかで見たような展開・・・具体的に言うと前作あたりで。まあそれは
さて置き上手く出来てたと思います。杏奈ルートは各所で言われている通り
他のルートより一つ頭抜きん出た感じ。なんかこのへんも前作と似ているような
・・・。最後がちょっと強引だなあと感じはしましたが、ルート途中の未来編は
ちょっとホロリと来ましたね。別に悪くはなかったんですけどぶっちゃけ双子
ルートは蛇足だったような・・・双子ルート作るんだったらかなたルートも
作ってくれればよかったのに。

キャラ

幼馴染グループいいですね。みんないい奴ばかりですし。キャラ同士の掛け合いは絶妙でした。このへんはメインライターの鏡遊さんの力によるところですね。
でもなんでかなたんは攻略出来ないんだろうか。紫さん最大のバグが修正出来てませんよ、はやく修正して下さい(切実)日奈乃ルートでのかなたんのCGが余計辛くなる。可愛すぎるだろ・・・。メインキャラだと詩が好きでした。あの駄目人間っぷりがたまらん。あの未来編での変貌っぷりも含めて。



原画は克さんとsikiさんのお二人。克さんの描くロケットおっぱいに目がいって
しまいがちですが、sikiさんのまんまるおっぱいも捨てがたい。双子ルートは確かに微妙でしたが二人とも可愛いのは違いない。日奈乃の眼鏡の有無を選択出来たのはいい試みだったと思います。相変わらずこのメーカーの塗りはいい。立ち絵の豊富さといい、グラフィック面に関しては業界でも屈指のクオリティなのではないでしょうか。

エロ

まあまあ良かった。やはりおっぱいでしょ。おっぱい最高(笑)ビームでも出るん
じゃないかと思うくらいのあの胸はやはり反則モノですね。各ヒロイン3回ずつと
回数的にも申し分なし。個人的にはクイックジャンプが使えるのがポイント高い。あれはかなりいい。

音楽

安定のみゆき嬢。しかも安瀬さんだしね。劇中BGMですと「Distance
to the past」
とか「焦燥」とかがお気にいり。

総評

普通に良作でした。しかも紫にしては中古があまり値崩れしていないところから
考えてもその評価が窺えるでしょう。ただ冒頭でも言いましたがゴタゴタがなければなお良かったんですがね・・・鏡遊さんにとっては明日君に次ぐ代表作として評価されてもおかしくない出来だっただけに当人もさぞ残念なことでしょう。あくまでも推測の域を出ませんが・・・。
posted by ゆーく at 03:44| Comment(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: