2012年05月19日

創刻のアテリアルレビュー

「創刻のアテリアル」応援中!

2012年4月27日にエウシュリーから発売された
「創刻のアテリアル」の感想です。萌えゲーアワードの
受賞常連メーカーであり、その高いゲーム性には定評の
あるエウシュリー。今回エウシュリー初体験だったわけですが
確かに面白い。面白いが周回プレイがダルい・・・。

評価

シナリオ:B+ キャラ:B+ 絵:A エロ:A 音楽:B+


総合評価点数 84点

以後ネタバレ注意

シナリオ

なんかゲーム性の評判とは相反して微妙とよく言われるエウシュリー作品
ですが、確かにちょっと微妙・・・かな(笑)内容が薄いというかなんというか
ありがちなお話という感じ。でもまあそれなりには楽しめたのでいいですが。
宮原博士の行動理由がチープだったのが残念。もうちょっと驚かせて欲し
かった。三ルートの中では悪魔ルートが好きです。あの成り上がりストーリー
はちょっと面白かった。秀やんマジ覇王。あれでもうちょっと悪魔ルートらしく
陵辱展開がもっとあればなお良かったかもしれません。秀やんの鬼畜な
ところももっと見てみたかった。ゲーム性に関しては流石のエウシュリーと
いったところでしょうか。よくこういうの考えつくなあ。ゴリ押しが出来ない
のがゲームとして良くできてる。ホント一周目はキツかった・・・でも一番
面白かったのも一周目だったけど。二週目以降沙夜音ロックと死歌さんの
存在を知ってからは戦闘が単調になっちゃいました。使わなきゃいいのですが
楽なほうに逃げちゃう自分マジ惰弱(泣)

キャラ

ゲームを始めた当初はアカリが一番だったのだが、終わってみればやはり
これは美來ゲーだったのかなあ。じわじわと良くなっていった感じ。
とはいえやっぱりアカリはいい。水霧けいとさん最高。なんか異様に会長関連
のイベントが多かった気がする。会長メインヒロインだったのですかね?
サブだとギレゼルがいい味出してた。ギレゼル秀やん好き過ぎだろ(笑)
宮原博士とかもそうだけど声があればよかったんだけどなあ・・・
そこは非常に残念。こういうバトル物は男の声はやはり欲しい。
盛り上がり度が違うと思う。



みつき、やくり、鳩月つみきの三人。みつき、やくりのお二人の女の子キャラは
結構可愛く描かれていたと思う。やはり凄いなと感じたのは鳩月つみきさん
でしょうか。ギレゼルやラグタスのデザインは圧巻。流石に年季が違うと
いった感じ。上手いなあ。

エロ

かなり頑張っていたと思う。実用性もなかなか。ただもうちょっと陵辱展開が
欲しかった。あと悪魔ルートでのメヒーシャさんの堕落っぷりが酷い。秀やん
恐るべし。いろいろな意味でも秀やん無双である。ちょっとでもいいから
海斗くんにもお裾分けしてあげて下さい。彼はいろいろと不憫すぎる・・・。

音楽

ボーカル曲はエウゲーでは定番のオリヒメヨゾラさんが担当。OPはムービーの
出来も含めてクオリティ高いと思います。BGMについてはそこまで目を引く
ものはありませんでしたが、強敵との戦いの曲とラスボス戦の曲は好きです。
流れるとテンション上がります。

総評

確かにみんながいうように時間泥棒ゲーなのは間違いない。自分も軽く
150時間は持ってかれました。私もカードゲームやってた人ですが
やっぱりデッキ組むのは楽しいね。ただ冒頭でも言いましたが周回プレイが
ダルい。ヒロイン数多いし、ルート自体の内容が変わるわけではないので
同じ話を何度も繰り返すのは正直キツイ。もっとイベントスキップとか
出来ればいいのに・・・。あと人間ルートでの真朱先生はなんかの伏線?
気になる・・・。また現代を舞台にしてやるならまた手を出すかも
しれません。
posted by ゆーく at 00:01| Comment(3) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コンプ超お疲れ様です。
キャラ数が多いこともあって周回は確かにダルい…w
面白いの後に「けど」がついちゃうのが少し残念でしたね。


此方でお願いするのもおかしな話ですが、
貴ブログへのリンク設置しても宜しいでしょうか。
認可を頂ければ幸いです。ではー。
Posted by 清流 at 2012年05月19日 19:59
清流さんどうもです。

リンクの件全然かまいませんよー。
こんな駄ブログで宜しければ好きなだけ
リンクしちゃってくださいな。
Posted by ゆーく at 2012年05月20日 02:16
ご返答、有難う御座います。
設置が完了しましたのでご報告をば。

「妹が僕を狙ってる」の感想もお待ちしておりますw
では〜
Posted by 清流 at 2012年05月20日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: