2012年05月31日

星空へ架かる橋AAレビュー


feng the 7th project :: 『星空へ架かる橋AA(ダブルエー)』応援中!


2012年4月27日にfengから発売された「星空へ架かる橋AA」
感想です。本編は1年以上も延期し、いろいろと騒がせてくれましたが
アニメ化もしたし、それなりに成功を収めた星かかのファンディスク。
一言で言ってしまえばふつー、すごくふつーの出来。新ヒロインの三人
が好きなのであればそれなりに楽しめるでしょうが、円佳以外の
旧ヒロインが好きな人にとっては物足りないかも。

評価

シナリオ:B− キャラ:A 絵:B+ エロ:B+ 音楽:B


総合評価点数 68点

以後ネタバレ注意。

シナリオ

メインライターの柊さんには悪いのですが、彼が担当したルートは
あんまり・・・という印象。パロネタはちょっと面白かったけど。
星羅ルートは星羅の可愛さで楽しめるものの、よっちゃんルート
がなあ。彼女はサブのほうが良かったんじゃないかな。一番
良かったのはもう一人の狩野さんが担当した千歌さんのルート。
こっちはストーリーもしっかりしててお話として楽しめました。
好きなキャラだから補正がかかってるだけかもしれませんが。
他のヒロイン達は完全におまけ。しかも初、伊吹、陽菜に至っては
以前配布されたパッチのフルボイス版というだけ。これは酷い。
ただかさねちゃんのアナザーは短かったけど面白いアプローチの
仕方で面白かった。彼女とくっつくにはああいう流れにしないと
無理だよなあ。

キャラ

新ヒロイン陣だと星羅と千歌姐さんがお気にいり。星羅に関して
中の人の存在も大きい。流石はそよぎさん。千歌姐さんも大人の
余裕を見せようとするも、時折見せる恋する乙女的な素振りが
凄く良かった。20代後半?そんなの関係ねえ。旧ヒロインは
あんまりストーリー的にも出番少なかったなあ・・・唯一伊吹
だけは見せ場があったかな?



本編の布陣に新たに浅葉ゆうさんが加わった形。浅葉さんの星羅
は安定してましたねー立ち絵・一枚絵ともに完璧に近い出来。
流石はベテランといったところ。涼香さんも相変わらず上手い
ですが枚数が少ないのが残念。あと今回はSD絵が無くなって
しまったのも残念でしたね。あの絵結構好きだったのに。

エロ

まあ平均的な出来。枠が多いのは嬉しい。千歌さんと円佳が
エロかったと思います。車の人頑張ってるな。催眠ネタがツボった。
千歌さんの制服Hも良い感じ。流石に無理があるとか思った奴
表に出ろ。

音楽

本編からの流用曲が大半なのであまり評価できない。まあ
ファンディスクですし。OP曲は結構好きですけどね。

総評

円佳を除く旧ヒロインが好きな人にはあまりオススメ出来ない。
新ヒロインが気になる人や作品の雰囲気を楽しみたいので
あれば買ってもいいのではないでしょうか。あとそこまで
気にはなりませんでしたが、バグが多いのもマイナス点。
前作の反省から何とか早く出そうとした結果なのかも
しれませんがもうちょっときちんとデバックして欲しかった。
posted by ゆーく at 12:00| Comment(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: