2014年05月04日

バルドスカイゼロ2レビュー


戯画『バルドスカイゼロ2』応援中!



3月28日に戯画から発売された「バルドスカイゼロ2」
感想です。未完成やら分割詐欺やらいろいろ言われて挙句の果てに
KOTYにノミネートされてしまった前作バルドスカイゼロの続編。
でも自分はみんながいうほど悪くはないんだよなあ・・・むしろ好き。
で、完結編である今作もなかなかの出来で楽しめました。まあバルスカ
と繋がってると思うと確かに「んん!?」って思うのは事実ですが。

評価

シナリオ:A キャラ:A 絵:A エロ:B+ 音楽:B+


総合評価点数 82点

以後ネタバレ注意

シナリオ

シナリオは前作同様科さん。ルートはシゼルとマレルの2つのみ
ですがボリュームは十分ありました。特に完結編であるマレル
ルートはめちゃくちゃ長いです。30時間くらいかかります。
それを2周しないとトゥルーにいけないので正直心が折れるレベル。
これはどうにかならなかったんでしょうかねえ。前作でも言いました
が、シナリオスキップ機能をなぜつけないのか小一時間問い詰めたい。
話はちょっと難解かなと思いましたが、相変わらず世界観が素晴らしい
ので面白かったです。兄さん覚醒のシーンとスコール復活のシーンは
かなり熱かった。あと甲・レインの二人の出番が増えたのは〇。
やっぱいいですね。時系列としてはバルスカ本編の前日談になるはず
ですがそれについてはいろいろ矛盾があり、疑問符がつくので
並行世界の出来事と思ったほうがいいかもしれません。

キャラ

相変わらずエド兄さんは口が悪いチンピラ主人公なので賛否両論ある
でしょうが、個人的に彼は良くも悪くも最初から最後まで徹頭徹尾
主張がぶれないのでやっぱりかっこいいと思いました。中の人の演技力
が上がっていたのも〇。前作で明かされなかったリーナの壮絶な過去
にも驚きました。リーナさんまじぱねえ。ゲーム中では明言されません
でしたがリーナさんはウルセライの孫なんですかね?エピローグで養子
になってましたし・・・ただそうなるとリーナが酷い目にあった大元の
原因はウルセライだよなあ。前作同様ケイの脱力ボイスの雰囲気
クラッシャーぶりが凄い。シリアスシーンにあのボイスはなあ。
あとサブキャラが魅力的。マクシーム大佐とグッドマン中佐が相変わらず
よかったです。エピローグは笑った。中佐が部下とか発狂するレベル
ですね。千夏さんご愁傷さまです(笑)



綱島志朗さんが引き続き担当。まあ安定してますね。立ち絵が豊富で
コロコロ変わって楽しかったです。

エロ

カンヤラットとナンのエロシーンがない・・・だと・・・。こういう時のため
の妄想極秘ファイルだろうが(憤怒)まあよかったと思う。ただ惜しむらくは
今回メインのシゼルとマレルが個人的に好みじゃないことでしょうか(爆)
でもマレルとムーシュの3Pは欲しかったかな。二人とも同じ声なので訳
わかんなくなりそうだけども。

音楽

KOTOKOさんのOPはよかった。BGMに関しては新規曲もあるものの、
やはり流用曲が多いので目新しさには欠けるかなと思う。このへんは続編
ゆえに仕方ないことではありますが。

総評

まずアクションパートについて。前作はぬるいと言いましたが今回も一対一
なら近距離コンボでゴリ押しできちゃう部分は変わらず。ただ今回雑魚キャラ
が異様に出てくるのとボスキャラ複数出てきたりするので難易度は上がった
と思います。とりあえず多数の敵との戦いは考えなしに突っ込むと
あっさりやられたりします。どう戦うか考えないといけないのは大変
だけど面白い。個人的にはドミトリー少佐のネーベルガイスト戦が
一番苦労した。戦闘向きじゃないと彼は言っていましたが絶対嘘
だわ・・・。で、総評ですがバルスカ本編の期待値でやろうとする
といろいろ不満が出るのでスピンオフと割り切ってやるのがいいと
思います。話の内容は悪くないのでそうすれば良作かと。


posted by ゆーく at 03:51| Comment(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。